2020年11月20日

〈「父母が生きていたら、何と言うだろう」それが、生きる道しるべ〉

埼玉県 結婚相談所 寂静院

20.11.20.1.jpg

次から次へと心配事や悩みが

起きるのは、誰とて同じ。
生きていれば きっと、そんなもん。

細かいことでも
本人が大きいと思えば
悩みは大きいし、
愚痴を言って気持ちを放り出し
忘れ去れる事もあり。

迷い続けたり、逆境に至った時
父や母が生きていたら何と言うだろう、と
考えるのも、大いに一理あり。

20.11.20.2.jpg

それが父母たるもんの豊かさであり
人の道を行く、道しるべになるはず。

将来、子供達の道しるべになりうる

父母でありたいし、結婚に向かう方に
人の道を導く親になって欲しいと思う。

人が人の道さえ歩いていたら
大切なものは見失わないはず。
先ずは、家庭が出発点。

子供に慕われる後ろ姿でありたい。

父母が、生きていたら
何と言うだろうか?それが、
親の親たる力であり、熱い思いだろう。

親が生きていたら
普通の結婚、普通の子育てを

きっと、望むだろう・・・。
親が生きていたら、きっと。

20.11.20.jpg

〈2009年8月24日に投稿、再掲載です〉

結婚相談所ブログ《日々の想い》

齋藤企画 齋藤寂静
埼玉県比企郡嵐山町菅谷658−18

お問い合わせはこちらから
代表電話:0493-62-7858
寂静携帯:090-9011-7497
posted by 寂静 at 08:00| 埼玉 ☔| 結婚相談所 寂静-日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする