2020年09月29日

〈寂しいからって、愛のない再婚はいけません〉

埼玉県 結婚相談所 寂静院


20.9.29.1.jpg

35年連れ添った妻を長い介護の後に、見送った彼。

寂しさを紛らわすために居酒屋に通い始めて・・・
その居酒屋で、出会った女性と
いつしか交際を続けていたが

次々と借金を申し込まれ別れました、と
彼は静かに語った。

3人の子供達は
幸せに所帯を持ち、心配はないが
毎日が無性に寂しい・・・と続ける。

20.9.29.2.jpg

寂しさを伝える言葉も哀しくて重い。
近所付き合いもなく

寂しさの中で無性に女性を抱きたくなる、とも
赤裸々に語ったりもした。

本音の気持ちに真摯に向かい合う時間を
大切にして、そして、時は流れ・・・

お見合いが、動き始めた、ある日
負債まみれの彼女から復縁話が、持ち込まれ
彼は、悩んでいる。

復縁しない方が良いに決まっていることを
彼自身、判っているのだが
寂しさに耐えられない故の、結論が切ない。

これから先の人生、後悔を背負うのはきついぞ。
誰でも良いってわけ?

〈2009年6月10日に投稿、再掲載です〉

20.9.29.3.jpg

結婚相談所ブログ《日々の想い》

齋藤企画 齋藤寂静
埼玉県比企郡嵐山町菅谷658−18

お問い合わせはこちらから
代表電話:0493-62-7858
寂静携帯:090-9011-7497
posted by 寂静 at 07:00| 埼玉 ☔| 人生相談 埼北よみうり【旧ブログより】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする