2017年07月25日

《甘えられなかった》

17.7.25.1.jpg

「親に育ててくれたような温かい家庭を創ろう。
 でも、親にされてイヤだった事は自分でストップ」と
婚活開始時に伝えている。

先月成婚を決めた28才の彼女は
両親共公務員で多忙、おばあちゃんが家事一切を担当し
お母さんに甘えた記憶がないと涙目で話した。

17.7.25.2.jpg

そんな事もないのだろうが
少なくとも子供の心には、その記憶が刻まれている。

親は子供が家庭を持つ時
一番の教師で有り、反面教師でもある。

どんな親子関係であろうと嫁ぐ日の朝に
「長い間、お世話になりました」と
心底言える親子であってほしいと願う。

親子であることの縁は、何にも増して深く熱い。

17.7.25.3.jpg
posted by 寂静 at 11:27| 埼玉 ☔| 寂静-日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする